MENU

拡大鏡

Magnifying glass

2021年歯医者の選び方。当院のドクターが推薦されました。インスタグラム

Magnifying glass拡大鏡

拡大鏡による精密治療

アンケートによると、実に患者さんの92%が「拡大鏡を使った診療を受けたい」と回答されています。
ほり歯科・矯正歯科中央林間では、安心・安全のため保険診療・自費診療すべての患者さまへ拡大鏡を用いて施術をしております。

拡大鏡を使った歯科治療についてのグラフ

拡大鏡①

拡大鏡②

肉眼で見える大きさは0.1mm程度、細い髪の毛の太さぐらいです。これ以下のものは肉眼で見ることはできません。
歯を長持ちさせるためには、0.03mmの違いにこだわって治療する必要があります。
眼が良い歯科医師でも、肉眼では見えないのです。
お米に文字を描くアートがあります。小さな米粒に微細な絵を描くために必要なのは、お米の表面が「よく見える」こと。
それは歯科診療においても極めて重要です。

ほり歯科・矯正歯科中央林間では、医療用拡大鏡として最もシェアがあり高性能の「サージテル」を導入しております。
歯科医師の会話でも「拡大鏡と言えばサージテル」と言われるくらいメーカーの中でも一流であり、信頼性があります。