MENU

インプラント治療

Implant treatment

2020年歯医者の選び方。当院のドクターが推薦されました。インスタグラム

Implant treatmentインプラント治療とは

根から回復でき、
本物の歯のように噛めるようになります。

インプラントは、失われた歯の代わりに人工歯根(チタン製のインプラント体)を埋め込み、それを土台に人工の歯を固定する治療です。
50年以上の臨床実績があり、長期にわたり機能することが実証されています。

人工の歯を顎の骨に直接固定するため、まるで自分の歯のように自然に感じられます。
手術の必要がありますが、治療にかかる時間は短く済み、治療中は仮歯を装着するので、日常生活にはほとんど支障がありません。
歯を失ってから長期間経っていたり、もともと骨の量が不足している場合でも、インプラントを埋め込む前に骨を移植して骨の量を増やす処置を行えばインプラント治療を受けることができます。

※チタンは整形外科などでも使われている素材です。

厳密には、インプラントとは体内に埋め込まれる器具の総称であり、整形外科での骨折治療に使用されるボルトもインプラントと呼ばれます。

歯科だけでなく、医科においてもインプラントの素材はチタン(またはチタン合金)です。
チタンは、骨と結合する特徴を持ち、拒否反応が起こりにくいという特徴があります。
インプラントが強固に骨と結合することで、抜け落ちたりすることなく、咀嚼機能を回復できるのです。

インプラントはこのような方におすすめしています。

  • 健康な歯を削りたくない
  • 将来に1本でも多く歯を残したい
  • 入れ歯になりたくない

症例:術前術後

インプラントのメリット

食事や会話が楽しめる


インプラントは入れ歯のようにずれたり、もたついたりということがありません。
食事や会話が存分に楽しめ、笑顔のあふれる毎日を過ごすことが可能です。

健康な歯はそのままに、負担はかけない

独立した歯を作るため、健康な歯を削ることや、バネをかけ負担をかけたりすることはありません。
ブリッジや入れ歯は、他の歯に負担をかけて寿命を縮めることから、「健康な歯を守る」という点はインプラントにしかないメリットだと言えます。

審美性の高い歯を入れることも可能

保険の部分入れ歯は金属のバネが目立ち、ブリッジでは治療部位により、銀歯のみの選択となる場合もあります。
インプラントは、審美性の高い素材を使用でき、自然な仕上がりを実現可能です。ほり歯科・矯正歯科中央林間では、精密性の高い治療により、より美しい仕上がりを目指しています。

自分の歯と同じ感覚で噛める

入れ歯に比べて咀嚼能力が高く、外れることや隙間に食べ物が挟まり痛みが生じたりすることもありません。
正しく治療が行われていれば、かたいものでも食べられますし、天然歯と同等の咀嚼能力まで回復できます。

顎の骨が痩せるのを防ぐ

歯を失うと、咀嚼の刺激が顎に伝わらなくなるため、顎の骨が少しずつ痩せてしまいます。
インプラントは、入れ歯やブリッジとは違い、歯だけでなく歯根も取り戻せるため、顎の骨が痩せる(吸収する)のを防ぐことが可能です。
顎の骨が痩せると、しわやたるみの原因になるなど、口元の美しさに影響します。

インプラント治療は
医療費控除の対象です

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除受けることができる制度です。
治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。
医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上の医療費が必要となった場合に所得税の一部が戻ってきます。
本人および生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には、翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され、税金が還付または軽減されます。